» ArchiveList

Home > 「家づくり日記」管理人の日記


«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · | Next»
毎月25日は社員全員の持ち回りで道路面のポスターを入れ替えています。
二人一組で4ヶ月ごとに回ってきます。もうかれこれ1年弱続けているのですが、今回で黒柳一聡は3回目になりました。
そろそろ作業自体は慣れてきたのですが、代わりにどんなポスターにするかを考えるほうが大変です。

今回、黒柳建設でも最近採用著しい木造制震GVA(ジーバ)工法がテレビ朝日系の「劇的ビフォーアフター」で紹介されるそうなので、告知の意味も含めて乗っかってみました。
放映日を記載したポスターを拡大し、現在施工中のGVAの写真と並べてみました。
少しでも見てくれる人が増えればいいなぁ、と気持ちを込めて。

制震GVA工法がビフォーアフターで紹介されるの図

あの震災前、黒柳建設における制震GVAの実績は3年で3棟と非常に少なかったのですが、震災後の現在着工中のお客様は7棟中5組が採用され、またリフォームで制震GVA工事をされた方も一組いらっしゃいました。

GVAビフォー  GVAアフター

今までの「耐震等級2を取っているので、通常よりも強いから大丈夫」という考え方から、「少しでも地震に対して強くしたい」という考え方に変わりつつあります。
確かに東京で震度5強という揺れを体感すれば、それも頷けます。

住友スリーエムのVEMが入っています

ちなみに、GVAのお値段ですが、新築時で1壁8万円前後、リフォームでは1壁10万円ちょっとかかり、普通の2階建ての建物で16〜20箇所の工事が必要になります。
軽く数百万は掛かる免震工法よりかは手軽なのですが、車が買える程の金額なので、なかなか簡単には手が出ませんし、こちらもあまり強くはオススメできません。

新築時にGVA  制震GVA

しかし、この力強い漆黒のフレームは理屈以上の説得力を感じます。
「これだけ入れているのだから、きっと大丈夫だろう」
やはり見た目も大事ですね。

ちなみに、GVAの実物が事務所に1基ありますので、ご覧になりたい方は是非お立ち寄り下さい。

黒いダイヤモンド状のフレームがカッコイイ

※ちなみに、制震GVAの監修、実験協力を行った東京理科大学の井口名誉教授は、大学時代の社長の構造力学の講師だったそうです。

東日本大震災以降、何となく「家づくり日記」にも自粛ムードが流れている気配がしますが、敢えてそこは空気を読まず、いつもと同じ調子で日記を書きたいと思います・・・と思っていましたら、ゆよゆよ様に先を越されてしまいました(笑)

今回、着手したのは、黒柳建設ホームページ内にある「社長ダイアリー」のリニューアルです。

ほのぼの様をはじめ、社長独特の文章が癖になってしまわれる方も多いのですが、いかんせん不定期連載な日記です。

「いい家をつくる会」談話室でも社長のコラムでは、「黒柳社長のファンです!」と公言する方もいるくらいだったのですが、「いい家をつくる会」ホームページがリニューアルした際、コラム欄「ご存知ですか?」がいろいろとアレなことになってしまったので、自社のホームページ内に載せなおしました。

この辺りの経緯とか、前の「いい家をつくる会」ホームページのこととかは最近のお客様は良くご存知ないと思いますね。2007年より前からおいでの方は「そうそう、そんなこともあったな」とニヤリとされているかもしれません。

さて、黒柳建設ホームページ内にて再スタートを切った社長ダイアリーですが、日記と言うよりもコラム集と言ったほうがしっくりくるコーナーで、ある話題について何回にも渡って(時には50回以上も!?)話をしています。

日記なのに、連載物とはなかなか挑戦的な試みですが、いかんせん現在のホームページの形では目につきにくいのと、過去のコラムとごっちゃになってしまってちょっと読みにくく感じていました。

それなら、社長日記だけ独立させてコラム集みたいな形にしようかと思ったわけです。

題しまして「黒柳建設社長の家づくり日記」。

現在、サイトを立ち上げ、コラムを引っ越し中です。

「黒柳建設の家づくり日記」はNucleusというフリーのCMSで作りましたが、今回「社長日記」はWordPressで目下製作中です。

WordPressはフリーのブログソフトウェアですが、世界で3割弱のシェア(最新情報ではありません)を占める商用利用にも十分耐えうる完成度を持っています。

シックス・アパート社(Six Apart, Ltd.)のMovable TypeやTypePadも検討したのですが、やはりシェアNo.1のWordPressをいじってみたかったので、今回「社長日記」のCMSに採用しました(なんか偉そう)。

「再構築が不要」とか「インストールが簡単」とか「デザインが豊富」、さらに「サードパーティから数多くのプラグインが出ている」など、WordPressを推す声も多く、こういったソフトの使い方はは実際にサイトを運営してみないと覚えないというのもあり、現在参考書やネットの情報を頼りにいろいろと試行錯誤しています。

「黒柳建設社長の家づくり日記」は過去のコラムを時系列順に並べたり、それぞれの記事が検索エンジンに引っ掛かり易くするようにしたりして読者を増やし、黒柳建設ホームページのサテライトサイトその2という位置付けになるようにしていきたいと考えています。

アメブロやライブドアブログなど、大手ポータルの集客力も捨てがたかったのですが、色々と試してみるには不便そうでしたので、一から苦労してみることにしました。

とりあえず、仮営業中ですが、いずれはこちらに完全移行するつもりです。

しばらくはサイトデザインやサイトマップがころころと変わるかもしれませんが、中身は変わりませんので、よろしければお付き合いをお願い致します。

現在リニューアル中の「黒柳建設社長の家づくり日記」、略して「社長日記」はこちらです。

黒柳建設社長の家づくり日記


「黒柳建設社長の家づくり日記」http://blog.kuro-yanagi.net/

東北地方太平洋沖地震による福島原子力発電所の被害が拡大しつつあり、都心でもごく微量ですが放射性物質が観測され、放射性物質の拡散が心配されています。
今後、お住まいの地域で「屋内退避」が指示されましたら以下の点にご注意下さい。

1、24時間換気、キッチン換気扇、浴室換気扇、小屋裏ファン(夏用換気扇)、
  エアコン等全ての換気装置の停止
2、壁にある給気口、空気取り入れ口をラップ、テープ等を用いて塞ぐ
  床下ダンパーの全閉を確認
3、特に高気密高断熱住宅にお住まいの方は室内の空気環境の悪化にに留意

24時間換気アルデ(ソーラーサーキットの家)、エアスマート(3階建ソーラーサーキットの家、3階建外断熱の家)は換気機械本体にオン・オフのスイッチがあります。見当たらない場合はコンセントを抜く、子ブレーカーを切るなどして下さい。新換気システム・うるおい換気システム・第一種熱交換気システム(SA-SHEの家)はコントローラーのスイッチをオフ(消灯)にします。
24時間換気装置を停止させると居室空間の湿度、二酸化炭素、ガスコンロの燃焼生成ガス等の排出ができなくなり、これらの成分が室内に留まります。結露や二酸化炭素濃度の上昇が発生しやすくなりますので、必要に応じて窓開け換気を実行して下さい。
高気密住宅では、全ての換気を停止すると住宅内部で発生する汚染空気・水蒸気が住宅内部に留まり続け、健康に害を及ぼす可能性があります。
上記の内容でご不明な点がございましたらご連絡下さい。

?黒柳建設 営業/施工 黒柳一聡














参考:「マツミのいえづくりブログ-重要なお知らせ-」



昨日報道された「YKK AP」、「新日軽」、「不二サッシ」の3社が、国の耐火基準を満たさないサッシを出荷していた問題で、YKK APのサッシ・エピソードを標準品として使用している黒柳建設も該当するお客様の特定、対応策をメーカー、住宅資材会社と協議しています。

社団法人 カーテンウォール・防火開口部協会が認定を取得している防火設備(防火戸)に関する国土交通省からの公表案件について(YKK AP株式会社)2011年3月9日

一昨年にエクセルシャノン、三協立山アルミ等のサッシ耐火性能不足が判明し、最近ではトステム等が国土交通省から防火性能不足の指摘を受けました。

防耐火個別認定仕様と異なる仕様の樹脂サッシ(防耐火グレード)を販売した件について(株式会社エクセルシャノン)2009年1月28日

社団法人 カーテンウォール・防火開口部協会が認定を取得している防火設備(防火戸)に関する国土交通省からの公表案件について (トステム株式会社)2011年1月28日

今回、YKK AP、新日軽等の防火性能不足が発覚したことで、業界大手5社の全てが不適合ということになってしまいました。
現在該当するサッシを取り付けたお客様宅の特定を進めておりますが、解っているだけでも20棟程がピックアップされています。報道とメーカーの発表で多少内容が食い違っているので、さらに調査を進めているところです。
お引渡し済みのお客様に対してはこれから対応策を決めて1軒1軒ご連絡致します。


そもそも、なぜ大手5社全てが防火性能不足となってしまったのかということですが、そこには業界の馴れ合いと言うか、国との暗黙の了解と言うか、空気読んだ的な部分があります。

防火戸のサッシは社団法人「カーテンウォール・防火開口部協会(カ防協)」が国から国土交通大臣認定を受け基準認定を取得し、会員の各メーカーがその仕様に則って製品を設計しカ防協に登録申請、審査済み証の交付を受けています。
各メーカーが個別で大臣認定を申請せずにカ防協がまとめ役となって基準の認定を受けていたことを、業界の馴れ合いと呼ぶか同業同士の協力と見るかは立場によって異なります。
各社独自に全てのサッシに対して大臣認定を取得するには大変な費用と時間が掛かり、その費用は基本的に商品の金額に跳ね返ってきます。それよりも関連企業が協力して共通の基準を作り、共通基準で認定を取れば個々のコストやリスクは軽減されます。

ここで問題となるのが大臣認定を取得する際の試験用供試体と、実際に販売されている商品では仕様が異なっているという点です。
サッシに限らず、例えば車や家電などでも試験用と実際に売られている商品では大小ありますが性能が違います。いわゆるカタログスペックです。

例えば車の燃費性能試験では、試験用に軽量化などカスタム化した車をプロのドライバーが最適な速度とハンドルワークで試験用のテストコースを走ります。そのため実際ではありえないような燃費がカタログスペックとして表示され、ユーザーもある程度そのことを承知済みで判断の基準としているところがあります。

国や監督省庁は本来ならば是正指導をする立場なのですが、申請に上がって来ている試験体は基準を満たしているので、後はわれ関せず、各メーカーの責任ですよ、と言った態度を取っていました。
この一連の流れをメーカー、カ防協、国土交通省の3者が「空気を読んで」守ってきたのですが、一昨年のエクセルシャノンの事例をきっかけに個々のメーカーの実売商品に対しても調査が入り、発覚に至ったのです。
実際、あるサッシメーカーの担当者は「試験のやり方が変わった。あれじゃあ今の仕様では絶対に通らない」と言っていました。

ここで納得できないのは、なぜ今頃?と言う点です。
一昨年のエクセルシャノン耐火偽装発覚の段階でカ防協と各メーカーの関係を国は知らなかったはずはなく、その時点で他メーカーにも調査を命じることができたはずです。
あれから2年以上もこの問題を放置していたのか、それとも報告を鵜呑みにしていたのか、理由は定かではありませんが少なくとも理解を得られる理由では無いように感じます。
もちろん、最終的な責任は各サッシメーカーにあり、トステムやエクセルシャノン等既に耐火性能不足が発覚したメーカーはその責任を取るべく多大な改修費用を負担し、YKK APもそうすると表明しています。
家は何万という数の部品(パーツ)から出来ており、その全ての性能を我々のような小さな会社が調べることは実際不可能です。そのため、各メーカーのカタログを参考に、また国の認定を基準に最適な部品を選び家を建てています。

しかし、その中でメーカーが性能を偽装し、国もそのことを知りつつ黙認していたのでは我々は何を信じて家を建てたら良いと言うのでしょうか。
一体大臣認定とは何のために存在するのか、国が監督指導責任を果たしていないツケを我々や最終的にはお客様がなぜ被らなければならないのか。
この件に関して国は責任を認めることはないでしょう。自分たちの監督不足を棚に上げ、責任をメーカーに、対処を工務店に回して、「我々も騙されたのだ」と言わんばかりのやり方には正直怒りを通り越して呆れてしまいます。
しかし我々には知らなかったとは言え、防火性能の不足しているサッシを取り付け、法律上適合していない家を建てたという責任があります。
また、高気密高断熱の家づくりには開口部の熱損失を抑える樹脂サッシ、アルミ樹脂複合サッシがどうしても必要です。「防火性能」のみに囚われ断熱サッシの普及が遅れてしまうと、日本の住宅はエネルギーの浪費が改善されないままになってしまいます。今後対応に追われるとは思いますが、関係各社の奮起に期待しています。


黒柳建設は今後、該当するお客様には出来る限り速やかに、お客様にご安心して頂けるよう対応策を進めていきます。ご心配をおかけしてしまい大変申し訳ありません。皆様のご理解ご協力をよろしくお願い致します。

2011年4月デビューの新型エネファームの先行披露会に行ってきました。現行のエネファームも1stマイナーチェンジモデルと言う事で、価格を始めいろいろといじって来たようです。
場所はいつも「電気ガス体感比較勉強会」でお世話になっている、東京ガス多摩ショールーム

東京ガス多摩ショールーム

こちらには稼働中の現行モデルエネファーム2台に加え、さらに新型エネファームを常設展示することになりました。ちなみにこの3台の定価を合わせるとレクサスLSが買えます(笑)

現行モデルからのバージョンアップは主に以下の3点。

1,発電出力の最適化
2,無償メンテナンス期間の固定化
3,貯湯タンクと燃料電池ユニットの一体化

1は発電出力を調整し最適化することで、より効率よくエネファームで発電できるようになっています。
2の無償メンテナンスは一律で10年間フルサポートになりました。
3で貯湯タンクと発電部分の一体化により、よりコンパクトでスマートな形状となり、外見もより近未来的になった気がします。
また、リモコンもより見やすくなり、発電量や予備熱源機の作動状況などがわかりやすく表示されるようになりました。

こちらが生まれ変わった新型「エネファーム」です。

新型エネファームデビュー

近未来的な外観、すっきり一体化されたタンクと発電ユニット、誇らしげなブランドネーム「ENE-FARM」、販売元の「TOKYO GAS」、製造元の「Panasonic」の文字が眩しいです。

生まれ変わった東京ガスの家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」、現在新築・リフォームを問わず予約受付中です。

※ちなみに、今回バージョンアップしたエネファームは東京ガスのPanasonic製のみです。大阪ガスの東芝製エネファームENEOSのエネゴリくんエネファームは現行モデルのままですので、お間違えないよう。


と、言うわけで東京ガス多摩ショールームに設置された新型エネファームはこちら。

東京ガス多摩ショールームの新型エネファーム

結構背が高く感じますが、一体化した実際のスケールは高さ:1883ミリ×幅:1065ミリ×奥行:480ミリとなっています。
標準的な370リットルのエコキュートが、高さ:1810ミリ×幅:600ミリ×奥行:680ミリですので、やや横薄な感じです。しかもエコキュートの場合は追加でヒートポンプユニット(エアコンの室外機みたいな物)も設置しなければなりませんので、設置スペースで見れば新型エネファームの方がコンパクトです。
新型エネファームお披露目会

そんな新型エネファームに群がる業界関係者達。
ええ、黒柳一聡含め皆さん興味津々です。と言うか、混んでいると余計に見たくなる罠。
幸い黒柳一聡は混む前にマン・ツー・マンでじっくりと見せてもらえました。

この後、新しくなった最新のピピッとコンロ体験と、ミストレディによるハンドマッサージ等を受けさせて頂いてショールームを後にする直前、とんでもない物を見てしまいました。

そんな新型エネファームお披露目会で盛り上がり、気勢を上げる東京ガス多摩ショールームの駐車場には絶対あってはならない車。

絶対ある意味喧嘩売りに来ている東京電力のi-MiEV

ご存知東京ガスの目の上のタンコブ良きライバル東京電力のSwitch電気自動車、i-MiEV
うん、これ絶対喧嘩売ってますよね。

言うなれば勝利に沸く甲子園の阪神スタンドにジャビット人形の格好して突撃するような暴挙です(笑)
そもそも、東京電力の各支社にいくらi-MiEVが配備されているとは言え、まだまだその実数は少ないのですから、わざわざご丁寧にi-MiEVで来る必要は無かったはずです。

うん、多分東京電力サイドの静かな意思表示なんでしょう。
はるか昔から脈々と受け継がれて来た潜在的敵対国に軍艦を親善訪問の名目で寄港させて嫌がらせのような示威活動を行うという外交戦略を実践しているに過ぎないのでしょう。
黒柳一聡の手前、苦笑いをしていた東京ガスの方達でしたが内心は如何なものであったのでしょうか。

(くっそ!堂々と見せびらかしやがって!!おい、とりあえずタイヤの空気抜いておけ!!!)


えー、そんなオチないオチが付いたお披露目会でした。実際は太陽光発電とエネファームを組み合わせたダブル発電関係の打ち合わせに来ていたようです。


 


さて、2010年度のエネファーム出荷台数は東京ガス管内だけで約2500台、2011年度は5000台へと倍増させる予定とのことで、住宅のエネルギー事情はますます高度化、複雑化の一途を辿っていっています。

エネファームやエコウィルを始めとする家庭用ガス発電システム、さらに太陽光発電システムを載せたダブル発電
家庭で使用する電気をガス発電で賄い、太陽光発電は固定価格制度(フィードインタリフ制度)で売電し、電気代の総額がプラス収支とすることも可能です。

エコキュートと太陽光発電システムを組み合わせたツインソーラーのオール電化住宅で、光熱費の著しい削減も魅力的です。

ランニングコストが圧倒的にプラスなのは、ガス発電と太陽光発電のダブル発電ですが、その分イニシャルコストも大きく発電設備だけで数百万は優に掛かりそうです。
計算上では10〜15年で初期投資が回収できそうなのですが、それだけの期間機器がトラブル無く発電し続ける保証はありません。

またさらに電気自動車(EV)の普及に伴う家庭用蓄電池の技術革新、各社独自に研究開発を進めるスマートグリッド構想など、住宅とエネルギーを取り巻く環境は日々進歩しています。
何が正解で、何がお客様のニーズに一番適しているか、どうすれば快適に暮らせるか、環境に負担をかけない最適な方法はどれか、将来の住宅業界がどう変化していくのか、私たちのようなイチ工務店もしっかりと考えていかなくてはなりません。

そんな近未来に想いを馳せることができた一日でした。



«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · | Next»
» ArchiveList

Home > 「家づくり日記」管理人の日記


黒柳建設の家づくり日記
家づくり日記