» ArchiveList

Home > ふだふだ一家の家づくり日記


«Prev || 1 · 2 · 3 · | Next»
引越が完了し二週間余り。
だいぶ片付き家らしくなってきました。

新しい庭は、土いじりが苦手かつ面倒な我々に合わせて、タイルや敷石などを
多用し、土の部分はほんのわずかだけにしていただきました。

そして黒柳建設から紹介していただいた植木やさんにシンボルツリーを植えて
いただきました。

20130610-image%20%282%29.jpeg

常緑樹や落葉樹の中から何点か候補になる樹を教えていただき、あれこれ
検索した結果、落葉樹の「ヒメシャラ」を選びました。
手もかからず、シンボルツリーの中でも人気の高い樹だそうで、一気に
庭が爽やかに、そしてあざやかになりました。

こうなってくるとやはり花もほしくなってくるものですね。

この週末、主人とホームセンターに行って、プランターや花の苗などを
購入し、ガーデニングを楽しみました。義母が元気で庭仕事をせっせと
している頃は、ただ見ているだけの我々でしたが、変われば変わるものだなあと
感じ入っております。天国の義母も苦笑しているかもしれませんね。:ase:

20130610-image%20%281%29.jpeg




約2か月のごぶさたでした。

5月12日の竣工検査、13日の完成見学会と経て、5月18日、いよいよ
引き渡し式となりました。

各設備の仕様説明、引渡しの書類サインなどを経て鍵の交換式を行いました。
玄関の鍵はメインキーを含め5本あり、当日参加した長女も含め、家族4人が
それぞれすぐに自分のキーホルダーに真新しい鍵をつけました。
この鍵のほかにも、勝手口の鍵、門扉の鍵、カーポートの鍵とあり、
きっと最初は混乱してしまうのではないかと心配しています。

ここまで1年2か月、黒柳社長はじめ、黒柳建設の方々には本当にお世話様になりました。心から感謝しております。
そしてこれからもずーっと末長くお付き合い、よろしくお願いいたします。


さあ〜て、次は引越です。
仮住まい先に引越したときに、かなりの量の不要品を処分したつもりでしたが、それでも相当な量の荷物・・・結局今回の引越も22日、23日の二日間を要しました。



引越後まだ数日間の、そしてダンボールに囲まれての生活ではありますが、
この工法の素晴らしさをすでに実感しております。
この点に関しましては追々この「家づくり日記」に書いていこうと思って
います。


それにしても引越前後のこのあわただしさ、この疲労感、尋常ではありませんね=:[
自分たちの夢がかなった達成感や幸福感にどっぷりと浸れるのはもう少し先になりそうです。
一日も早くその状態になれるよう、今はとにかく片づけなければ:sigh3:


今年はずいぶん早く桜が開花し、あっという間に満開になりました。

23日の土曜日に都内に出る用事があったため、ついでにお花見をしてきました。

今年は花粉症がかなりひどく、マスクに花粉症用のメガネにと、完全防備のいでたちでしたが、
周りを見ると同じような人がたくさんいらっしやって、ちょっと心強くなりました。
20130325-IMG_0425.jpg


20130325-IMG_0429.jpg





さて、本日3月25日はあることの一周年記念日です:sigh3:

さてさてなんでしょう・・・

それは・・「黒柳社長と初めてお目にかかった日」です:**:

税金のこと、土地売買のこと、家を建てるにはどのくらいの費用が
かかるのかなど、なにひとつよくわかっていなかった我々が、とりあえず
黒柳建設のHPからアクセスさせていただいたのですが、それに対して
丁寧で親切で、大変心温まるお返事をいただき、「とにかく一度事務所に
いらっしゃって下さい」というお言葉に乗せられて:hahaha:訪問させていただいたのが
ちょうど一年前の2012年3月25日でした。

家族全員で記入した「住宅調書」の内容に大笑いされたり、社長が次から次に
いろいろな間取りの提案をしてくださるにもかかわらず、結局自分の我を通してきたこと、また、私の語録(「回遊魚の間取り」とか「収納は心のゆとり」とか・・)を「いい言葉ですねえ:heart1:」と採用してくださったことなど、いろいろとありましたね。

そして1年たった今、順調に家づくりは進み、着実に夢の実現に近づいていっています:house:

完成までにあと2か月ぐらいでしょうか・・とても楽しみです。

「家づくりってたのしいな」という黒柳建設のモットーを、まさに今実感させていただいております。
ありがとうございます:-P



3月に入り、梅の花の開花や春一番など、春の便りが届き始めました。
ただ、本格的な花粉症のシーズンに突入し、つらい毎日のふだふだ妻です=:[

そんな中、3月2日3日の両日、「構造現場見学会」がひらかれました。
その1週間前に現場を訪れたときに「それまでに階段を完成させ、2階や屋根裏にもスムーズに上がれるようにしますよ!!」と棟梁がおっしゃって下さいました。

我々もこの日を楽しみに、2日の土曜日に見学に参りました。

棟梁がお話してくれた通り、屋根裏部屋までの階段もすべて完成していて、
一気にこの家のイメージが完璧なものへとなりました。

すべての部屋の窓、玄関ドア、勝手口のドア、1階の浴室、2階のシャワー室、
これらがきちんと設置されていて、当たり前のことなのに「わあ!!設計図通り!!」と喜んでしまいました:exult:

小一時間この空間におりましたが、この家の暖かさをすでに実感いたしました。
この日は非常に北風の強い寒い日だったので、モコモコのダウンジャケットを
着込んで参りましたが、この家の中ではその姿ではだんだん暑くなるぐらいでした。

まだ仕切りの壁もドアもなく、玄関のドアも開いていたにもかかわらず:sigh3:

これが「高気密高断熱」の凄さなんですね:sigh3:
社長がよくおっしゃっているように、来年の冬はTシャツ1枚での生活も夢では
ないかもしれません。

今回の見学会に訪れてくださいましたお客様が、少しでもこの工法の素晴らしさに共感してくださると良いのですが。


久しぶりに黒柳社長ご夫妻にもお会いでき、とても楽しいひと時でした。

いろいろとありがとうございました。

また今後ともよろしくお願いいたします。


ご無沙汰しております。ふだふだ妻です。

上棟式から約1か月ほど。昨日は「バレンタインデー」でした。

夫は甘いものを好まないので、今までチョコレートをプレゼントしたことは一度もありません。
でもこの時期、どのお店もバレンタインデーのコーナーが色鮮やかに、そしてとてもラブリー:heart2:に設置されていて、眺めているだけでも楽しいひと時を過ごすことができるので、毎年楽しみな時期でもあります。

毎週週末には、夫と現場を見学しに行っておりますが、昨日は初めて私一人で「バレンタインチョコ:heart2:」を持参して現場に行って参りました。

着実に工事が進んでいて、毎回とても感激なのですが、昨日は棟梁が家の中に入れてくださり、間取りのひとつひとつや天窓、断熱材の説明など、とても丁寧にしてくださいました。

家の中に入ってみて驚いたことがあります。
天井が高いということです。

250cmと聞いてはおりましたが、実際に中に入るとまず窓の大きさで驚きます。
そして天井が高くかなりの開放感を感じることができます。

今までの家より窓の数が少ないことに(それはすなわち気密性を高めることにつながるのですが)明るさ面で多少の不安がありましたが、このサイズの大きい窓を見て安心しました:joy:

また、天窓、吹き抜け、2Fのガラス床のおかげでさらに光をとりこみ、明るく開放感のある空間ができあがるとの説明で、とても期待が大きくなっています。

棟梁は小柄な私でも無理なくシャッター雨戸の開け閉めができることの実演までしてくださり、楽しいひと時でした。

3月最初の土日には現場説明会が開かれるそうです。
我々も「いち見学人」としていろいろと見学してみたいと思っております:house:

これからもよろしくお願いいたします。

«Prev || 1 · 2 · 3 · | Next»
» ArchiveList

Home > ふだふだ一家の家づくり日記


黒柳建設の家づくり日記
家づくり日記