10月中旬過ぎからいよいよ解体工事が始まりました。

20121112-%BC%CC%BF%BF%20%282%29.JPG

家本体そのものはもちろん、塀の大谷石、がっちりとコンクリートで固めつくられた駐車場、庭木やいくつものごろごろとした庭石。それらのものに相当な手間と日数、費用がかかると言われ覚悟をしておりましたが、2台の大型重機と何人もの職人さんのおかげで、当初の予定よりかなり早く作業が進んでいきました。

始まる前は解体の様子でも見学してみようなどと思っておりましたが、先に立ち寄った娘が撮ってきた写真を見たとき、思った以上に悲しいというか、淋しいというか、とても落ち込んだ気分になってしまい、結局ほとんどのものがなくなるまで一度もその場所に訪れることはしませんでした:ase2:

後にその話を黒柳社長にしたところ、「だいたいのお客様は解体現場で涙ぐみます」とおっしゃっていました。



以前から庭の隅に井戸があったと聞いており、確かに何十年も前の写真にはその井戸が写っていましたが、その後水脈が変わり水も出なくなったため、ずいぶん以前にその井戸は埋めてしまったと両親からは聞いていました。
ただ、その場所が今回売りに出した側、つまり買主様の土地の方に存在していたため、やはりいろいろと「たたり」などを気にし、その跡地がわかったら一応お祓いをしようということになっておりました。

もうとっくに埋めてしまっていたので、どのあたりに存在していたのかわかるのかな・・・などと漠然と思っておりましたが、解体作業が進んでみると、井戸の形そのままで出現したのです。
直径1メートル近く、深さは3メートルほどあったでしょうか。あまりにもきれいな、本当に「井戸」の形で出現したのには正直びっくりでした。

跡地で簡単にお祓いを、などと非常にのんきに構えていたので、実際にこの「井戸」の形の大きな穴の場所を覗き込んだ時は「サダコ」が這い上がってきそうで、ちょっと恐怖すら感じました:ahhh:

神主さんがきちんと祭壇を用意してくださり、我々だけでなく、売買に関わってくれている不動産会社の方や、解体業者の職人さんの方々もきちんと厳かにこの儀式に参列してくださいました。

20121112-20121027ohrai.jpg


また、土地の北側には「ムロ」と呼ばれる、やはり大きな穴がありました。

この穴の存在は15年ほど前に下水管の工事中偶然見つかり、その時にコンクリートで固め埋めていました。

この土地は以前農家だったのでしょう。この「ムロ」という穴は、採れたお芋などを冬の間保管しておくものだったのではないかということでした。
今回の解体でその痕跡も露わになりました。


いろいろとこの土地の歴史を感じることができた解体でした。