はなはな夫です。
今日は設計中の思い出として「階段」について書きます。
私は年をとってから「2階に上がるのが億劫と感じない階段にしたい!」と思っており、段差の緩い階段にしたいと考えていました。
黒柳社長へ相談した結果、階段を緩くするだけでなく、階段の幅も広くした方が使いやすいというアドバイスをいただき、通常の階段で909mm幅のところを10cm広げ、1009mm幅とすることにしました。さらに、階段の幅を広げた分、奥行き(踏み面)も広げバランスを取ったほうが良いとのお話しがあり、基礎の外周も含め、10cmほど階段部分だけ飛び出している設計の提案をいただいた時にはびっくり8-|しました!
 というのも、その頃はまだ工務店を黒柳建設に決定しておらず、他の複数の工務店からも設計提案をいただいていたのですが、階段の幅を広げた提案はあるものの、階段部分の基礎をわざわざ10cm分だけ出っ張らせてまで、階段の奥行きも広げ、階段を使いやすくするといったアイデアの提案はなかったからです。
黒柳社長自身も、この提案は基礎屋さんは嫌がると思いますよ:ase:と半分冗談、半分真顔でおっしゃっていたのを覚えています:roll:

 あれだけ色々と考えて設計した階段(階段下の下足室もです)の出来上がりが今から楽しみです:leaf: