» ArchiveList

Home > ほのぼの一家の家づくり日記 > Page.6


«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · | Next»
「いい家が欲しい」を読んで、これからの住宅は外断熱だ!と思いました。内断熱と比較して色々と長所がありましたが、ソーラサーキットで特に気に入ったのは、季節に合わせて家も衣替えをすることが出来るという点でした。日本の気候にすごく合っているのではないかと納得しました。

早速「いい家をつくる会」のホームページを閲覧したところ、どうやら、カネカはシステムを考えたにもかかわらず、自分自身では建設せず建築資材を供給するだけで、実際に家を建てるのは特約工務店らしいということがわかりました。

工務店がそれぞれ建築することになると、腕の差がでるのではないか?と、大手メーカー信仰?のあった私はちょっと不安になりました。大手メーカーでなくて大丈夫か、工務店に頼むにしても信頼のできる先に頼まなくてはと、その後「いい家をつくる会」のホームページの「談話室」をすみからすみまで読むことになりました。

建築予定地が変形土地であることを頭に置きながら「いい家をつくる会」のホームページをあちこちと閲覧していたら、質問に対する黒柳社長の回答や、狭小住宅や狭小敷地に関するものが「ご存知ですか」に連載されていました。その中で狭小敷地のことを「あったか敷地」「こまわり敷地」と命名されていて、心温まる思いがしたと同時に、変形敷地に建築を頼むのはここかな?とぼんやり私の頭にイメージされました。

一方、私が住んでいた建売住宅はNホームから購入したものでしたが、その当時Nホームも外断熱の住宅をキャッチフレーズにしていました。Nホームの外断熱は基礎を内側から断熱していたため、本当の外断熱ではないと言われていましたが、外壁のレンガ仕上げに魅力を感じていました。もちろんこれも、重すぎて地震のときに外壁が支えきれないと他陣営から攻撃されていましたが、「ズボラ」な性格の私としては、建築後のメンテナンスがいらないことに魅力を感じたわけです。(このズボラな性格が家をつくるときの考えに今後随所に登場することになります)

さーてどちらの外断熱にするか、大手メーカーか工務店か?いよいよ悩むことになりました。


黒柳社長、ご存知なかった話はあるかもしれませんが、そんなにハラハラ・ドキドキする話はまだないと思いますけどね。今後はもっとドキドキする話がでてくるかもしれませんよ!

取敢えず都内に家を建て直して、劣悪な住環境を改善しようと決心したのですが、どのような家にするか、そこが問題でした。あーでもない、こーでもない、と色々と考えて、三階建ての二世帯住宅にすることにしました。でも、地震等考えた場合三階建ては木造でも大丈夫か?やはり鉄骨か?、はたまたコンクリート造か?などわからないことばかりでした。

そこで、SハウスやDハウス、MホームやPホーム等の大手住宅メーカーのパンフレットや小冊子を取り寄せる一方、本屋に足をはこび、三階建てに関する本や住宅雑誌を買いそろえて情報収集に乗り出しました。その結果、どうやら木造三階建てでも大丈夫らしい。ただし、作り手の経験や技術力には注意が必要らしい。大手メーカーでは間取りや設計変更に融通がきかないので、細長い変形敷地では不安が残るということでした。

住宅展示場の類は一切見に行っていません。もともと、気が弱い?性格ですので、見に行ったりして、夜討朝駆けの営業をされるとかなわないと思っていたものですから。

まだ差し迫って建替えなければという状況でもありませんでしたので、そんなことをしながらボンヤリト過ごしていたところ、ふと新聞広告で家を建てた人は読まないでください、ショックを受けますからという副題のついた「いい家が欲しい」の広告が目に留まりました。

さっそく本屋に行き購入して読み、外断熱、二重通気工法を知ることになりました。今まで、住宅の工法など考えたこともなく、もっぱら、間取りは?リビングの設備は?のくちでしたので、目からウロコでした。
「これからは外断熱だな」と素人ながら思い始めたのですが、どの外断熱を採用するか、また悩むことになるのでした。


いやー、嬉しいですね。「家づくり日記」に参加したことで黒柳社長にそんなに喜んでいただけるとは!
今週はもっと張り切って書かないといけませんね。前回の社長のコメントで「家づくり日記」のヒントもいただきましたので、以前のことを出来るだけ思い出しながら「自分の家づくり日記」を書いてみます。

私は千葉県郊外の市に建売住宅を購入して住んでいました。成田空港に近いところで自然に恵まれ子育てには絶好の環境でしたが、家は購入後20年を経過し、1階の床は2ヶ所が「ぷかぶか」で部屋中のクロスはひどい状況、購入した当時は標準の家だったと思いますが、夏は暑く冬寒い住み心地で、何とかしなければと思っていました。

それまで実施した補修は、コロニアル屋根の葺き替え、外壁の吹付け塗装・ペンキ、風呂釜の交換だけで、リフォームするなら家を建替えると決めていたものですから、そんな状況も仕方ありません。

会社を卒業する日も段々近づいてきますし、そろそろ建直しでもとぼんやり考えていましたが、そういえば元気とはいえ一人で暮らしている母はそのままで大丈夫かと気になりまして家内に相談して、一緒に住むことにしました。

母は東京都内に住んでいて、どこに住むかということになりましたが、千葉県郊外にするか、都内にするかは結局私どもの決定に委ねられることになりました。自然豊かな第二の人生をおくるか、それとも都会の喧騒と文化の中で人生をおくるか悩みましたが、今まで自然に親しみすぎていたこともあり都内に建替えることにいたしました。

建替え予定地の土地は細長い変形敷地でしたので、その後どの建設会社にお願いしようかと悩むことになるのですが、千葉県郊外の市に建替えすることになっていれば、黒柳建設とその皆さんとの出会いはなかったと思います。

長くなりましたのでまた、今週はこれで失礼します。


はじめまして、ほのぼの一家です。
この度「家づくり日記」に参加させていただくことになりましたので、宜しくお願いします。

黒柳建設のホームページに、以前掲載されていた「家づくり日記」がなくなり、さみしく思っていましたが今度復活されたということで、黒柳社長からお電話をいただきました。

「ついでに日記に参加したらどうか」というお誘い?(強制?)を受けまして、自分も以前「家づくり日記」をみていろいろと勉強させいいただきましたので、少しでもご恩返しができればと思い、お引き受けすることにした次第です。

私の家は黒柳建設に建てていただいてから約二年半になります。家族は夫婦二人と子供二人、家内の母の計五人で、完全分離の二世帯住宅です。

この家を建てるときに、どうぞ「家族がいつまでも仲良くくらせる、住み心地の良い家ができますように」と願っていたものですから、「ほのぼの一家」と命名させていただきました。

もう住み始めて二年半になりますので、プランの打ち合わせ、建築現場等時系列的に記載することはできませんが、建築中の思い出や現在の住みごこち、便利なこと、こうすればよかったかな、など思いつくまま記載させていただこうと思っています。

では、宜しくお願いします。


«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · | Next»
» ArchiveList

Home > ほのぼの一家の家づくり日記 > Page.6


黒柳建設の家づくり日記
家づくり日記