上棟式の日が近づき、いろいろと準備に取りかかっているところです。
そして、主人は、またウガンダへ行きました。
上棟式、見たかったと思います。残念だけど仕方ありません。
わたしは、当日の挨拶を考えて、書いてみたりしています。

ところで、先日、前のお宅の奥様が工事がうるさいと言って怒っていらしたのですが、静かになったら、「言い過ぎました」とおっしゃって、一件落着した、と思っていたのですが、その後、土台のコンクリートを見ていらっしゃるところに会い、目がすわっていて普通の状態ではなかったので、おそるおそる声をかけましたが、まともに返事もなさらず、「こんな高い土台で、どんなに高い家になるんでしょうね。うちには日なんか当たらないですよ。全く自分だけよければいいんだから」と、そばに通りかかったよその方に話していました。
「申し訳ありません」と言ったのですが、「申し訳ありませんじゃすみません」と言われてしまいました。
気が弱い私は、すっかり落ち込んでしまいました。
たぶん、何を言ってもダメだと思うので、言わないでおこうと思います。

でも、私がもしその方だったら、体が具合が悪くて、毎日家にいて、自分の前の家が工事をしていて、日々変化して大きく立派になりそうだ、と思ったら、同じことを思ったかもしれませんね。
人間ってそういうものかもしれません。
でも、私は言いません。

自分が、考えすぎて病気にならないように気をつけなければ、と思います。