15日(土)に我が家も上棟式の日を迎えました。
天気もずっと「雨」と報道されていたので、これは、雨になるに違いない、もしかしたら、大雨?と思っていました。
何しろ、我が家の娘は、とにかく「雨女」なのです。でも、おばあちゃんは、「晴れ女」なんですね。
結果的には、やはり歳の功で、おばあちゃんパワーの方が強かったようで、雨に降られずにできました。
関係者の方々と、家の家族3人で、思わず背筋がピーンとするような上棟の儀式を行ってくださいました。全て、段取りを黒柳建設様のほうでやってくださって、ありがとうございました。
そういえば、「雨」になることを考えて、荷物の運搬をどうしようか、と、考えたりしていたのですが、社長様が車で来てくださいまして、荷物どころか、人間まで運んでくださったのです。
儀式の跡は、楽しい楽しい宴会です。皆さんとっても気さくで本当に楽しいひとときでした。
私は、数日前から、挨拶をどうしようと、落ち着かず、紙に書いたり、ぶつぶつ言いながら、家の中を、熊のように歩き回っておりました。
実際に言うときになったら、頭の中が真っ白になり、ろれつが回らなくなってしまいました。
何とか、言い終わったのですが、気持ちだけは伝わったかな、と思いますが。
終わった後の、お酒のおいしかったこと。お箸の持ち方を考え込んでいた大工さんの可愛かったこと。
社長さんの「祝い唄」の素敵だったこと。本当にいいお声で心に響きました。
私は、本当に黒柳建設様が大好きです。
お一人お一人が気持のよい方で、温かく、お話するのがとても楽しいのです。
これまでも、事務所に行くのがとても楽しみでした。
用事がなくても、行きたいくらいです。すみません、迷惑ですよね、用事がないのにいくなんて・・・  お仕事でお忙しいのに。
一聡さんにも、家の中をいろいろとお話しくださってありがとうございました。
今の状態では、まだ我が家、という実感はもてなくても、しっかりした土台、柱、そして木のぬくもりを感じ、黒柳建設様の家づくりに対する姿勢、信念を改めて思いました。
原田さんにも細かく御配慮いただいて、ありがとうございました。あの状態の家の高いところを、まるで「サル」のように(ごめんなさい、あくまでも身軽な動きに感心したのです。)動き回っている原田さんを見て、「ジムに通われて頑張っていらっしゃるからだな」と思いました。
楽しい上棟式にしてくださって、本当にありがとうございました。

どっと疲れがでたカワカワ妻より


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

光り輝く宵闇の上棟式

カワカワ様、上棟誠におめでとうございます by 黒柳建設