» ArchiveList

Home > まひまひ一家の家づくり日記


«Prev || 1 · 2 · | Next»
私達は、夏暑くなく冬寒くない家を希望していたので、高気密高断熱の家にしました。
基礎の部分から屋根まで、すっぽり外断熱で被い、窓は南面以外は、なるべく少なく小さくしました。
全部の窓をペアガラスと樹脂サッシにしました。
今まで、暖房しても全く結露がありません。


換気は、24時間全熱交換タイプのセンターシャフト換気システムにしたので、熱と湿気を調節でき、窓を開けて空気の入れ替えの必要がありません。
ロフトにドーンと入ってる熱交換器から、フィルターを通った新鮮な空気が、シャフトを通り各部屋に給気されてます。
冬場の今は、給気口から少し涼しい空気が出てきます。夏は暖かい空気が出てくるのでしょうか。

花粉等の微粒子を、空気浄化装置付きのフィルターでシャットアウトするので、花粉症の夫婦には期待大です。

昨日までは、新居で快適に暮らしていましたが、今朝ちょっとしたハプニングがありました。

来客があり、リビングでは気付かなかったのですが、お帰りの時廊下に出ると、かなり強いシンナーの臭いがしました。

1F、2F、ロフトと臭いの元を探しましたが、どの部屋も臭うのです。えー?何ー?
だんだん気分が悪くなり、頭痛もしてきました。
そして、やっと分かりました。
臭いの元は、給気口からでした。各給気口をチェックすると、全部から臭いが入って来ました。

それで、すぐ換気を止めました。臭いについては当然ながらスルーなんですね。

今、隣の家が建築中なのです。そこでシンナー系のものを使っていたのでしょう。
24時間換気システムの外からの吸い込み口は隣家側にありますから。

そこで、部屋の臭いを出そうと南側の窓を開けましたが、風の抜ける北側の窓は全部フィックス窓にしたので、開かないのです。

失敗しました!断熱の効率と、換気の必要が無いという事で、フィックスにしましたが、1箇所は開く窓にするべきでした。

住んでみて、このように失敗した所がボチボチと出てきました。もちろん、大成功!という所もたくさんありますが。

新居に移って二ヶ月たち、だいぶ落ち着いてきました。というか、慣れてきたというか・・・

1月、2月と寒い日が続き、外の気温がマイナスの日がありますが、寒くて起きるのが辛いということはありません。朝の室内が10度前後あるからでしょうか。
前の家は、外がマイナスの時の室温は0度でしたから、雲泥の差です。

先月黒柳さんが届けて下さった「家づくりアルバム」を見て、6ヶ月間の家づくりを懐かしく思いました。

アルバムの1ページ目は地鎮祭でした。そういえば、日記は地鎮祭で終わっていました。

建築中の時々を思い出しながら、感想などを合わせ振り返ってみます。

上棟は、8月23・24日、上棟式は24日の夕方5時から約2時間行われました。

黒柳社長はじめ、黒柳建設から5名、基礎の西山親方、担当の大工さん2名、応援の大工さん2名の10名がご出席下さいました。
我が家は夫婦と次男の出席でした。

偶然にも、我が家を担当して下さる安藤さんが、次男の友人であることが分かり、又、安藤さんの結婚式の時、新井棟梁にもお会いしており、ご縁を感じました。

お清めの後、家の前で、全員の写真を撮っていただきました。

その後、食事をしながら、全員の自己紹介、私達の挨拶など和やかな雰囲気の中、話も弾みました。皆さんのお人柄を知り、安心してお任せ出来ると思いました。

黒柳社長と北沢さんの、お祝いの歌も素晴らしく、胸にジーンときました。

陽が落ちるとライトアップされ、家の前で又全員並んで写真を撮っていただきました。

なんかいいですね。一生の思い出になります。

こんなに素晴らしい体験をさせて頂き、黒柳建設グループの皆さんに感謝します。

後日、上棟式の写真を送っていただきました。
31枚ものたくさんの写真で、上棟式の様子が良くわかります。
良い記念になりました。
ありがとうございました。

上棟がいよいよ目前にせまり、ワクワクしています。

基礎工事にとりかかったのは7月6日。

住宅性能評価をお願いしたので、申請から許可が降りるまで約3週間。お盆休みも入り、時間が掛かってしまいました。

友人は、全然進んでないじゃない?と言いますが、色々な工程があるんですよね。

7月上旬に、砕石敷き込み、捨コン張り。

中旬に、水道マス交換、配筋工事。

そして、7月25日に住宅性能評価申請の許可が降り、下旬は、アンカーボルト、ホールダウン金物の配筋。

縦横に多くの鉄筋がしっかり入っており、コンクリート5階建てでも大丈夫と言われ、うれしいです。我が家の3本柱の1つ、「地震に強い家」の2歩目です。(1歩目は地盤改良)

配筋検査も終わり、コンクリートの流し込みもありました。

コンクリートミキサー車と基礎のコンクリートの連携を見たかったのですが、仕事で見れず残念でした。

8月に入り、上旬にコンクリートの枠を外し、各部屋の位置が良く分かるようになりました。

数日後に基礎部分の外側に断熱材ミラポリカを張りました。これは、3本柱の1つ、高断熱の第1歩です。

上下水管の設置。排水点検口の多さにビックリ。監督さんに伺うと、排水口の他に、角になる所、雨水マス用にも5箇所となっているからだそうです。

8月中旬は、玄関とテラスのコンクリート枠を作り、1部ブロック塀を設置。
玄関にはターミメッシュを張ってあります。
庭にヌカラーズを設置。

この間、暑い日が続き、現場の方々は本当に大変だったと思います。
暑い中有難うございました。

そして、今日8月22日は、8月23日、24日の上棟に備え、土台の設置と柱の搬入。

明日、明後日と、雨が降りません様に。

何10年ぶりかに、てるてる坊主を作って、軒下につるしました。

先週は、滅多に体験出来ない事が3件ありました。

6月28日(火) 地盤調査

東久留米は地盤が固いと聞いていましたが、見学していて、機械が地中に貫入するのが早いかな?と思いました。
ひょっとして・・・


6月30日(水) 地鎮祭

予報は雨でしたが、当日はカンカン照り。暑ー!
でも、テントを設営して下さっていたので、とても楽でした。

初めての事で、緊張しましたが、社長の御指示で進行し、土地の神様にご挨拶が出来たという安心感もあり、おごそかな気持ちで地鎮祭を終了しました。

道行く人達や、道を挟んで前に建築中のD建託さんの方々も、興味深そうに見ていました。地鎮祭は今どき珍しいのでしょうか。

執り行って下さった黒柳建設のみなさん、本当に有難うございました。


7月2日(土) 地盤改良

地鎮祭の後、社長より、地盤調査の結果、改良が必要との説明を受けました。 あー、やっぱり・・・

でも、我が家のの3本柱のひとつ、「地震に強い家」は、いくら上をしっかりしても、地盤が悪かったら意味ないですから、良かったかも。

(株)トラバースさんの、ソイルセメントコラムに小口鋼管を入れる方法でお願いしました。

どういう風にやるのかと、マヒマヒ妻は見学に行きました。妻より興味津々のマヒマヒ夫は仕事で見学出来ず、とても残念がっていました。

現場へ行ってみると、重機が2台入っており、わー、大掛かりだ!と思いました。所々質問した私に、丁寧に答えて下さり、あー、そうやるのかー と感心したマヒマヒ妻でした。マヒマヒ夫に教えてあげようっと。

朝から夕方遅くまで、1日で終了しました。トラバースさん、暑い中を有難うございました。

«Prev || 1 · 2 · | Next»
» ArchiveList

Home > まひまひ一家の家づくり日記


黒柳建設の家づくり日記
家づくり日記