こんばんは、むくむく妻です。

今日、仕事始めでした。
お正月は思いっきり不摂生をしたので
昨日の夜は、なかなか寝付けず辛かったです。
でも、持ち前の真面目さ(?)と
同じに寝付けず、ほぼ徹夜の旦那様に起こしてもらい
元気に出社できました。ふー。

12月から新しい会社で働いています。
新しい職場、新しい家、新しい家族(?)
何もかも、新しい、新年です。

年賀状も出してないわりに、わりと届きました。
黒柳さんのかわいいのも届きました。ありがとうございます。
30周年なのですね。おめでとうございます!

「1980年といえば、百恵ちゃんが引退した年かしら?」
と、ネット調べたら、正解!
自慢話といえば?と問われれば
「百恵ちゃんのコンサートを最前列で見たこと」
と今でも答える私です(当時4歳)。
ちなみに、青空球児・好児も生で見てますが
これは自慢話ではありません。
そうそう、世田谷区議会議員の『青空こうじ』の看板を
電車で見かけていたのですが
やっぱりこの、青空好児のことだったようです(これも今調べた)。

それから、大平首相がなくなったのも、この年なんですね。
子供心に、現役の首相が死んじゃうなんて!と
驚いたのを覚えています。

イラン・イラク戦争、長島引退、ジョン・レノン銃殺なんて
大きな事件もありましたね。
名曲も生まれてますね。昔はいい歌が多かったですね。
『雨の慕情』『贈る言葉』『順子』『昴』・・・
感慨深いのは『別れても好きな人』です。
『思い出語った赤坂~♪』のフレーズを
去年まで働いていた赤坂で飲むたびに心でハミングしてました(笑)

はあ、昔の話は尽きません。
そして、同い年のはずなのに
この手の話は旦那様とはまったくかみ合いません。
「北海道(私の出身地)は情報が届くのが遅かったんだ」
なんて言われますが・・・?
同い年なのに、ジェネレーションギャップがあります。はて?

年賀状は、正直面倒なものですが
(両親の分もやってまして、これがタイヘンなんですよー)
貰うのは、勝手ですが、嬉しいですね。
そう!30年前とは、私が小学校にあがった年でして
その年から可愛がってもらった担任の先生と
今でも年賀状のやり取りをしていまして
それが年賀状の一番の楽しみです。

5-6年前に、突然先生が夢に出てきまして
即、104で電話番号を調べて電話をしたら、覚えてくれていて(♪)
年賀状も復活して続いているのです。
「むくむくさんとのやり取りが生きがいです」
なんて70を過ぎた先生が毎年送ってくれて
涙涙です。

30年近く大事にしてきた先生の手作りの賞状なんかを
持って先生宅を訪問したときは
本当にお互い感動しました。

根気の足りない私ですので
この日記もきっとフェードアウトしていくと思います(苦笑)
でも、続けていて下さる限り、ふらっと立ち寄って
「住み心地、良いよ」って日記を書いちゃうんじゃないかな?と
思っています。

そうそう、夢といえば・・・
世は不況。就職活動は、なかなか大変でして・・・
黒柳さんに面接に行く夢も実は見ていたんですよ(笑)
面倒ばかりかける私が、役に立てるとは思えないので
夢で良かったです。うふふ。