前回日記を書いたのは、そうでしたか、去年の九月でしたか。
まだまだ暑くて今年の夏は~:twisted::twisted:なんて思っていた頃ですね。

気付いてみると、秋が過ぎ、冬も過ぎ、立春!!
筆不精にもほどがある:x:と、自分でもいやになります。

黒柳建設の家で迎える2シーズン目のこの冬(終わりかけてる冬)。

1シーズン目の昨年は手探りというかなんの工夫もせずに『お手並み拝見』
と、クレダのコントローラーを蓄熱も放出も全開ばりばりでひと冬過ごしました。

当然、秋口・春先は家人から
『暑いんですけど、このストーブどーにかならないの?』と苦情をうけ、
『うーん。ならない。窓開けて:ase:
:[]:sigh2:
なんて状態でした。

一切、手を施さなかったので、さすがにクレダの能力と外気温についてはバッチリ把握しました!1年目で。(結構費用もかけちゃいましたが)

そして、勝負のこの冬、昨年の冬よりソートー寒かったですよね。
でも我が家のクレダ代は1/3ぐらい減りました。
もちろん、エアコンも他の補助暖房もほぼなしです。

へへへ、
黄金のコントロールさばきでほぼ冬を越えようとしています。
といっても、日記を半年間ほったらかせる私ですから、まめになんてやってま
せん。

朝起きた時(6→1)と、日が沈むころ(または仕事から帰ってきたときに1→6)
に、放熱量を調整するのみです。
蓄熱量はだいたい月替わりに1目盛りづつ1,2→3,4→5→6→5→4、3→(2,1)って感じで動かしています。

家人には触るなと命令を出していますが、今年は文句もなく、現在に至ります。

あまりにもアバウトな器具ゆえに黒柳建設のみなさんもクレダの説明書も具体
的な使用方法を教えてくれませんでしたが、練馬区ではこれくらいのアバウトさ
で十分快適に過ごせています。

だれもが違う場所、違う大きさ、違う暮らしをしているので、これが正解というのは
ないんだと改めて思いましたが、3~4年付き合うとわかるようになると言われた
ことを2年目にして、ずぼらな私が我が家に合った調整を会得しましたので、自慢させていただきました。

大好きな:beer:も極寒の季節においしく飲めました。:ase1:
一番の収穫です。

はんざーい。