今年も、借景のお花見:beer:を終えて春真っ盛り:sigh2:ですね。
むにゅむにゅ妻です。

世の中は、自粛ムード。
でも経済活動も大事ですから、:beer:こっちのほうは、ノー自粛です。

もちろん私もできることは協力しています。特に節電。

もともと、主電源を切る習慣はあったのですが、この家に引っ越して
なんとなく、気持が大きくなっちゃってリモコンで切ったきりのテレビ、
エアコン等数々贅沢していました。

震災を機会に初心にもどり、けちけち精神を節電という大義名分にすり
かえて実行中です。:hahaha:

改めて思うことは、かつて住んでいた家は築39年で解体するまで20A
でした。
39年前ですから、20Aが当たり前だったのでしょうし、その生活を普通
だと思っていたむにゅむにゅ一家は、ご飯を炊きながら、電子レンジを使い
ホットプレートで肉を焼く・・・テレビを見ながら・・・なんてことをしょっちゅう
行い、バンバンブレーカーを落としていました。
でも、それ以上使えないんですから、やりくりするしかありません。
それが、普通だと思っていました。

今の家は、通常の家電の使用に耐えうるようになのでしょうか黒柳建設
さんで50Aを設定いただきました。
ところが、持っている家電の使用場所をイメージし、電源の数と場所を
設計していただくと前の家の3倍以上の電源が必要だとわかりました。
いかにたくさんの電化製品に頼って生活をしているのかほんとによく
わかります。
だから、今、使おうと思えば使えちゃうんです。多分全部いっぺんに。
でも、本当に必要なものって少ないですね。だって、ばんばんブレー
カーごとおとしたきりだったり、コンセントを抜いても全然支障のない
電化製品がたくさんありますもん。いまだに。

メディアでも言っていましたが、生活の根本を見直す機会にしたい
と思います。便利、楽、効率を求めてきた気持を。:oops:
日本全体がそうなってくれるといいなと思います。
かなり偉そうなこといっちゃいましたね、わたし。:ase:

最後に、我が家はオール電化ではなく、お風呂も台所もガスを選びました。
設計時からインフラを自ら1つ削ってしまうことに不安があったからです。
震災がおきて我が家ではこの選択でよかったなと改めて思います。

でも、1つ失敗しました。大事なトイレをタンクレス(アラウーノ)にしたために
水を流すために通電が必要です。
ノーマルなトイレにしておけば、よかった・・・・・・掃除したくない気持でいっぱい
でこちらは自らインフラを1つ削っていることに気がついていませんでした。:bigg:
とほほ・・・・:ase: