» ArchiveList

Home > むにゅむにゅ一家の家づくり日記 > Page.3


«Prev || 1 · 2 · 3 · | Next»
むにゅむにゅ妻です。

今一番気になっていることを書きます。

黒柳建設の家はなにかいいのか?ちがうのか?

教えてください。

私が、社長に出会ったころは、外断熱は新工法で狭い土地で、注文建設で
外断熱なんて画期的な工法で家がたてられるんだー。
みんな知らないかもしれないけど、黒柳建設だからねー。ほかじゃできないよー。

なんて思っていました。

時は流れて、いまでは外断熱、外張り断熱はスタンダードになり、高気密も
スタンダードになり・・・・・・・

なら、なにが、黒柳建設のいいところなんだ!?

がわからなくなりました。
私は大満足です。

でも、昨年のゴールデンウィークに仲間を呼んで、お披露目パーティーをした
のですが、仲間は新築の匂いと、ぴかぴかの家に感動はしていましたが、
おやおや普通の家と違うぞーという疑問は持ちませんでした。
季節的にも、黒柳の家の良さを見せつける時期(真冬、真夏)ではなかったの
ですが、心の中で”みんな気付いてっ、あなたたちの家とは違うのよっ!”と
叫んでいる私の声は届きませんでした。

誰かに自慢するために建てた家ではありません。
むにゅむにゅ一家は今日も楽しく生活しています。

それでいいのですが、このところ周りで家を買うとか家を建てるとか言っている
人が何人もいる中で”えー、ほんとにそれでいいの?”とおもいつつ、何が違うかを言ってあげられず悶々としています。

今となっては、構造としては、スタンダードで間取りプランが家族にあっている
(=不可能はない)が正解でしょうか。

お天気は定まりませんが、春ですね〜。むにゅむにゅ妻です。

おととい会社に新入社員が入ってきました。:**:
春ですね〜。

おとといから娘も高校3年生です。:**:
春ですね〜。

そして、東京ではさくら満開。おとといからの強風にも耐え、とても
きれいに咲いています。満開の時はしっかり花がついているので
花びらは散らない、とテレビの天気予報でいっていました。
しらなかった〜。:idea:

そして、我が家には庭はなく、当然さくらの木もないのですが、
おとなりの染井吉野が北に傾斜したトップライトから見えます。
とてもきれいです。
昨年は予期せぬ出来事にとーってもうれしかったことを思いだします。

だって、家の中でお花見できるんですよ。

そして、キッチンの窓からも近くの幼稚園に植えられている桜が見えます。

上をみても東をみても、さくら、さくら、さくら・・・・・・

今年も借景させていただきます。

(今日は、夜桜を相手に晩酌です。):ase:

昨日、一昨日とすごい風でしたね。

遮音効果の高い黒柳の家ですが換気口からの風の音、黒柳の家とは関係ない
かもしれませんが、エアコンの外気からの風の音・・・・・怖かったです。

換気口は、電源を切って、シャッター閉めてあまり音が気にならなくなったのですが。
エアコンのほうはどうにもならず、一晩中おびえていました。

という話を朝になって娘にしたところ、夜中の3:00頃でしょ?ですって。=:[
一晩中ですからー。
爆睡できる若い子がうらやましい。:ase:

そこで、思い出しました(唐突ですが)。

我が家の私のへやの換気口(空気が入ってくる方)は道路位置と間取りの関係
で仕方がなかったのかもしれませんが、狭隘道路に面しています。
なので、道行く人のたばこの臭いがもろに入ってきます。
換気口の位置なんて、設計時はまったく気にしていなかったのですが、こういう
ところ重要だったんだなと思います。

それから、私の部屋と娘の部屋の換気口は結果ベットの頭の位置の上にあり、
当初は音が気になりました。

小さな音とは言え他に音のない夜なので、慣れるまでにちょっと時間がかかり
ました。
まあ、娘は「あれ、うるさいんだけど〜」といっていた割には、三日後には慣れた
みたいでなにも言わなくなりましたけど。=:[

昨日は、仕事だったのでこれから窓拭き:**:します。(掃除嫌いですけど)

今日から家づくり日記を書くとこになりました。むにゅむにゅ一家のむにゅむにゅです。
よろしくお願いします。
黒柳建設で家づくりをお願いし、2009年3月末に完成して住み始めてからほぼ
一年になります。
建築前、建築中、現在の暮らしといったりきたりしながら書いていこうと思います。

まずは自己紹介です。
私は、むにゅむにゅ一家の妻?母?です。
家族は、50代の夫と4月から高三になる娘の三人です。
ちなみに私は40代、会社員です。:oops:

我が家と黒柳建設の出会いは(といっても、我が家=私です。
なぜなら私が全部御膳立てをして分相応とわかってから夫に話しをしないと
企画段階で一蹴されなにも実現しない一家なのです。=:[
↑ここ今後の日記にも大変重要となるキーワードです。)、10年近く前です。

と、その前に黒柳建設での家づくりを始めることになった土地+中古住宅を手に入れたところから話を始めないといけませんね。

時代は、1993年、バブルがはじけて今が底・・・と言われた一番最初の頃です。
今との不動産の価格差はまさに倍、当時むにゅむにゅ一家が買った中古住宅の値段は、いまなら倍の広さの土地に建売なら新築が建っていると思います。
そんなわけで、ねこの額ほどの土地に19年前に建てられた中古住宅を購入したのでした。
夫は、もともと持ち家の親の元で生活していましたので、家への執着はまるで
ありませんでした。むにゅむにゅがほしいなら、家計がやっていけるなら買えば?
という感じでした。

当時はうれしかったです。借家の団地住まいだったむにゅむにゅは、一戸建ての持ち家族になったのですから・・・・・・・・・

でも、そう時間がたたない間にいろいろとと思うことたくさん浮かんできました。

«Prev || 1 · 2 · 3 · | Next»
» ArchiveList

Home > むにゅむにゅ一家の家づくり日記 > Page.3


黒柳建設の家づくり日記
家づくり日記