» ArchiveList

Home > うきうき一家の家づくり日記


«Prev || 1 · 2 · | Next»
6月10日に予約をしておいたのiPad が ようやく我が家にやってた:lol::lol:
早速、日記を書いてみました 20 年来MacフリークのうきうきパパとしてはiPod. iPhoneに続いての革新的な デバイスに感激ジョブス万歳
家作りレポートの写真もこれで見ると細かいところまで見れて結構おもしろい。明日は久し振りに現場に行って写真撮ってiPad でアルバムを作成しようと思ってます。
しかしこのキーボードは打ち にくい:x::x::-P

上棟式の時に2階に昇って感じたのですが、思った以上に裏の家にベランダが近かった:roll:
前の家ではその位置にベランダがなかった事と以前より少し南側に寄っているせいでしょうか?
計算では南側の家より地面が80cm高く、基礎が60cm高いのでトータル140cmほど高くなり目線が絶対に違うという計算だったのに:cry::cry:
本当は2階のリビングを前面開放の窓にしてウッドデッキにしてリビングをとても広く使う事が出来ればと思っていたので、せめて手摺りだけでもウッドデッキ風に出来ればと思い、斉藤さんに目隠しを兼ねたウッドデッキというリクエストをしたら早速写真を送ってくれたので、後はお財布と相談する事にしました。
でもウッドデッキ風ではなく、メンテナンスが大変かもしれないけど本当のウッドデッキにしたいなあ〜なんて思いにふけっています。
あれほど毎週々これでもか!という位に打合せをした筈だったに:lol::lol:これから家がだんだん出来上がってくるにつれ、あれもこれもと色々出てきてしまうんでしょうか?
叔母たちは途中で疲れてしまい「あとはあんたたちに任せた」と言っていたくせに、上棟式の日に斉藤さんにリクエストしてました。なんでも部屋の作りつけの机に引き出しを‥
それと家の壁の色がまだ決まっていない件もざらざらしたのではなく、もっと表面がざらざらしていないものに‥って
多分それは一度検討したユズ肌ってやつだと思い、これも再検討することに:cry::cry:
今日、微細に変更に伴う見積と注文書が届いてましたが、これから先どんどん出てきたらどうしょうと思う今日この頃です。


PS スタッフダイアリー読ませてもらいました。裏から取った写真はなかなか良く取れてますね:lol::lol:
こんど是非プリントしてください。お願いします。

昨日は、うきうき一家の上棟式でした。
幸い天気にも恵まれて、黒柳社長をはじめ、新井棟梁、関川鳶頭12名にうきうき一家7名を加えた総勢20名で式を行いました。
宴席に先立ち、黒柳社長の先導でうきうき一家と新井棟梁で清めを行いました。
そこで驚くべき発見:idea::idea::idea:なんとそこに見たものは
20100620-PICT0004.jpg
20100620-PICT0006.jpg
左官屋さんがきれい仕上げた基礎部分につけられたネコの足跡。
外で飼っているアカネかカツラか?
きれいに仕上げ直しますからと申し入れがありましたが、二匹とも大切な家族。まして今は建設中の我が家を守ってくれているので、そのままにしてもらうことにしました。

暗くなる前に子供と二人、足場の階段を使って2階、3階を案内してもらいました。
3階は予想以上に高く、3階南側の部屋からの景色は20100620-PICT0014.jpg:lol::lol::lol:

それと消防法の関係で後から吹き抜けを削り作らなくてはならなくなった3階の東西にそれぞれあるベランダから見る景気も:mrgreen::mrgreen:
結果オーライでした:-D:-D

宴席中に黒柳社長から柱や梁の説明があり、いままで模型や図面では説明を受けてはいたのですが、改めて説明を聞きかなり頑丈に出来ているんだな〜と改めて関心。新井棟梁からも基礎から突き出ている太いボルトの本数がうきうき一家の家は突出していると言われ更に安心:lol::lol:

最後に社長と大工さんよりお祝いの唄があり、とても日本式な良い上棟式でした。
本当にありがとうございました。
ただ少し食事が足りなかったかな?お肉系を少し用意した方が良かったかなと反省をしています。
足りなかった分はお土産のお赤飯で勘弁してください



スタッフダイアリー「光溢れる初夏の上棟式(東京都練馬区うきうき様邸)」

施工事例「お父さんが建てた土地に住宅調書を5冊も書いてもらった親子親戚合わせて7人が暮らす大きな木を残した井戸のある完全分離型2世帯住宅(練馬区うきうき様邸)
に写真を載せさせて頂きました。by黒柳建設



月火のうちに測量士の先生に入れていただく予定の標識を確認をするために、今日の夜に子供と現場に行くと、なんと頑丈な鍵に変わっていてゲートを開ける事ができなかった:roll::roll::roll:
仕方なく懐中電灯を携えて塀を乗り越えて現場に侵入し石入れを確認。
改めて現場を良く見ると、コンクリートの上に材木が置かれて、なにやら材料らしきものがたくさん搬入されていました。
今週末の上棟式に備えて、昨日も雨の中を作業をしていただいていたそうで大変ご苦労様でした。

あとは今週末に無事に上棟が出来るようにお祈りをするばかりです。

我が家は長屋(建設許可の看板に長屋と記載されていたので、なんだか時代劇の長屋を連想してしまいました)形式の完全分離の二世帯住宅なので建物の切れ目のところで境界をつくるために、今日現場に測量事務所に方に来ていただいて説明を聞きました。
我が家は登記されていた土地の広さと実測で図った広さが7坪も違い広かったので、この機会に測量と隣地の方の承認をもらい改めて登記をする事にしました。
なんだかんだで1週間から10日間かかるということなので、上棟式を来週に控えているので、測量士の先生には急ぎで手続きをお願いしました。
打ち合わせた終わって、まだ明るいうちにじっくりと現場を見てみると、
現場は既にコンクリートが打ち終わって周りの枠も外されていたので、家の間取り大きさがなんとかく解りました。
その感想は、
1,結構、地面より高い。GLより60cm高いとは聞いていましたが、結構高い。裏(南側)より地面が80cmほど高くなっているのでさらに高くなるという事は3階はもちろん2階もかなり日当たりは期待できるかも:mrgreen:
2,狭いかも:-(なんとなく間取りを確認できたのですが、以外に狭い?意外に狭く感じてしまうのは気のせいでしょうか?
3,1階ビルトインの駐車場は案外広い?そもそも車は買い替えるかどうかもまだ解らないけど、これならなんとか車庫入れ出来るだろうか?先日、ディーラーに行った時に担当の営業に家が完成したら乗って行って入るかどうか確認をしてあげますよと言われて、なんとなくそんな気になってしまった。とりあえずお目当ての車のミニカーを貰ってきたので毎日それを眺めて、車庫に入っている姿を想像して喜んでいます
4,東西の塀と建物の間は案外に広かった:lol: 先日は木枠があって今ひとつ解らなかった塀を建物の間は図面通り:-D(体感的にはそれ以上)に仕上がっていて、母も叔母も安心してました。

実際にはある程度完成してみないと本当の大きさとかが実感できないけれども不安と期待が入り交じる今日この頃です

«Prev || 1 · 2 · | Next»
» ArchiveList

Home > うきうき一家の家づくり日記


黒柳建設の家づくり日記
家づくり日記