我が家は長屋(建設許可の看板に長屋と記載されていたので、なんだか時代劇の長屋を連想してしまいました)形式の完全分離の二世帯住宅なので建物の切れ目のところで境界をつくるために、今日現場に測量事務所に方に来ていただいて説明を聞きました。
我が家は登記されていた土地の広さと実測で図った広さが7坪も違い広かったので、この機会に測量と隣地の方の承認をもらい改めて登記をする事にしました。
なんだかんだで1週間から10日間かかるということなので、上棟式を来週に控えているので、測量士の先生には急ぎで手続きをお願いしました。
打ち合わせた終わって、まだ明るいうちにじっくりと現場を見てみると、
現場は既にコンクリートが打ち終わって周りの枠も外されていたので、家の間取り大きさがなんとかく解りました。
その感想は、
1,結構、地面より高い。GLより60cm高いとは聞いていましたが、結構高い。裏(南側)より地面が80cmほど高くなっているのでさらに高くなるという事は3階はもちろん2階もかなり日当たりは期待できるかも:mrgreen:
2,狭いかも:-(なんとなく間取りを確認できたのですが、以外に狭い?意外に狭く感じてしまうのは気のせいでしょうか?
3,1階ビルトインの駐車場は案外広い?そもそも車は買い替えるかどうかもまだ解らないけど、これならなんとか車庫入れ出来るだろうか?先日、ディーラーに行った時に担当の営業に家が完成したら乗って行って入るかどうか確認をしてあげますよと言われて、なんとなくそんな気になってしまった。とりあえずお目当ての車のミニカーを貰ってきたので毎日それを眺めて、車庫に入っている姿を想像して喜んでいます
4,東西の塀と建物の間は案外に広かった:lol: 先日は木枠があって今ひとつ解らなかった塀を建物の間は図面通り:-D(体感的にはそれ以上)に仕上がっていて、母も叔母も安心してました。

実際にはある程度完成してみないと本当の大きさとかが実感できないけれども不安と期待が入り交じる今日この頃です