» ArchiveList

Home > ゆよゆよ一家の家づくり日記 > Page.3


«Prev || 1 · 2 · 3 · | Next»
ゆよゆよ夫です。こんにちは。

今日は朝起きたら雪が積もっていてびっくりしました。
しばらくまだクレダのお世話になりそうです。

今日は家作りを黒柳さんに託した理由について書いて見たいと思います。

えっとーーー。。。。。
どうしてなのかな。。。。。。:ase:

頭を整理しますね。考え中-----------------
----------------------------------------------
----------------------------------------------

やはり、このふたつですね。
一つ目は、「いい家が欲しい」の精神に強く共感したこと。
二つ目は、その基礎の上でこんなにも楽しい設計と家作りをしている工務店があることを見つけたこと。

前回の日記で9年前に、断熱性能のよい家があることを知った。
と言っても、ほとんど家作りなんて考えていなかったのです。
これまでの人生ほとんどマンションだったので。
母と二世帯で暮らすことを検討し始めた2年半前からですね。真剣に考えたのは。
1) 注文住宅にするなら寒くない家 ->OK
2)「いい家がほしい」の精神に則った家->すばらしい!
3) 楽しい、遊び心いっぱいの黒柳建設なんてあるぞ -> さらにすばらしい、これだ!!

とほとんど、バチっバチっ。の一目惚れ状態でした。しかも、黒柳さんに実際に出会う前に。

後は、実際にお会いして、思ったとおりの会社、社長、社員の方々で、
建てたお家を訪問させていただいても、思ったとおりの暮らし方をされていて、迷いもなくなったのだと思います。
お家見学の際には「ほのぼの一家」さまには大変お世話になりました。ありがとうございました。

一方、これで本当に良かったのかと思うこともあるんです。
だって、ほかの工務店やハウスメーカーには一切相談していないのです。
なので、比較というものができていないのです。
一生に一度あるかないかの買い物をこんなトントン拍子で買っていいのかというのは常に頭にありました。

正解だったのかどうかを反芻して確かめる旅はまだ続きます:-D


あとがき:
今回、日記を書くことを依頼されたとき、黒柳さんにして正解だったかな、って改めて思いました。
だって、建てて1年から2年建った人って、家作りの熱狂から醒めて結構冷静に家のことを見ていると思うのです。アラも見えてきたりね。
5月病の学生みたいかもね。
そんな人に日記書かせるなんて、すごい度胸ですよ:mrgreen:

今後容赦ないコメントも日記に出てくるかもしれません。覚悟してくださいね:mrgreen:


こんにちは。ゆよゆよ夫です。

桜がきれいな一週間でしたね。寒ーい日もありましたが、春を楽しんでいます。

黒柳さんに出会ったのは2年4カ月ほど前でした。

ずっと以前、一戸建ては冬寒いのが常識で、寒くない家なんてある訳ないと思っていました。そんなある日、ひょんな事で送られてきたSエーデンハウスからのダイレクトメールを読んで、「へー冬寒くない家なんてあるんだな」って気づきがありました。価格も高そうで、いつかこんな家を建てれたらなーって単なるあこがれでした。これが9年ぐらい前のことです。

そこから年月が7年ほど、どどどーんと飛んで、一戸建ての家を考え始めた頃、注文住宅で建てるなら冬、寒くない家!というのが何よりも優先順位第一になりました。
そこでWebを検索して黒柳さんに到達したのです。ある晩のことだったと思います。

記憶をたどりながら、検索の道のりです。かなり途中はしょってるかも、ですが。。:ase:
1. 冬寒くない家
まーいろいろ関係あるのから、関係ないのまでいろいろ出てきますねー
外断熱という言葉を始めて知る。

2. ソーラーサーキット(作者注。 今なら、新換気・SA-SHE(エスエー・シー)の家 というべきですね。当時はこの方式がなかったので。)
変な名前だけど随分自信もって書いているWebが多いなー。本当に冬も寒くない家が実現できそうだなー。でも近く建ててくれるところあるのかなー?

3. 小金井市
いくつか工務店があるのねー。さして期待せず、黒柳建設というリンクをクリック。ぷちっとな。。。

何だこりゃー!?:[]
遊び心満点だなー。本当に何回でも打ち合わしてくれるのかなー。難しいほど燃える?ありえねー。

メールで資料請求
そして、2年4カ月ほど前に黒柳さんに出会う、という流れです。

今思うと、「工務店」「***建設」って怖いイメージがあって初回訪問の時、かなり緊張した思い出があります。

改めて言うのもなんですが、黒柳建設のWebすばらしいと思います。黒柳建設の長所が余すところなく紹介されています。信条・特徴はなに?、黒柳建設の人はどんな人たちなのか、Webを見ただけでほぼ理解できました。実際に社長や社員の方とお会いして、心の中でいつも「Webや日記ではいつも拝見してます。あなたの人となりも知ってますよー。なにせ全部読んでますからっ」って思ってました:-D

実際もWebに書いてあるとおりの黒柳建設でした。ですよ:-D

そんなこんなで、ミスターロークに魔法を掛けられれ、
寒い12月に家づくりがスタートしたのでした。



こんにちは。
黒柳さんからお誘いいただいて本日より日記に参加することになりました、「ゆよゆよ夫」です。
私たち一家は黒柳さんに建てていただいた家に住んで丸一年と少しになります。
住んで一年の実感・事実と家づくりの想いでを少しづつですがつづっていきたいと思います。

ま、ほとんど自己満足のために書くので、あまり直接的にひとさまのお役に立つように、
などとは考えていないのですが、それでも、「ゆよゆよ一家」から見た黒柳建設とは、
黒柳建設の建てた家は一体どんななの?というお話できればと思っています。

先日詳細データは別途お送りしたのですが、まずは住んで一年、どのように温度・湿度が経過していったかを感想も含め公開です。

期待通り、これまで住んだ家とは比べ物にならないくらい快適に過ごせています。
まずは温度推移です。
(注。計測時間は夜9-10時過ぎ辺りです。冬だとクレダパワーが尽きるころですね。あと、秋から冬にかけて一気に数字が変化していますが、これは「ゆよゆよ夫」が出張やインフルエンザで記録をさぼったからです。:oops:あしからず。)
温度グラフ

・各部屋間の温度差がとても少ないです。
・冬場でも暖かく過ごせています。最も寒かった日の数日以外は暖房はクレダのみです。
お風呂も寒くないですよ。
・夏は冷房の力が必要ですが、惜しまずスイッチオン!するとすぐに冷えます。
「ゆよゆよ家」は倹約家族なので、スイッチオン!はせずに我慢することもあるのですが。。グラフに現れていますね:ase: 

次に湿度推移です。
湿度グラフ

・なんといっても本当に結露がないのは感謝感激です。いままでの家はカビとの戦いだったので。
・部屋間の湿度差も比較的少ないと思います。
・床下の湿度が1年目から、かなりよいです。除湿機のお陰もあるでしょうし、外気に左右されにくい様子がよくわかります。


ちょーポジティブ系:-Pで事実をここまで書きましたが、次はあれっ?と思った点です。

・室外が零下になる真冬でも、常に室内は20-21度をクレダでキープできると、勝手に期待していたのですが、そこまでには至っていません。だって黒柳さん、冬もTシャツだー、なんて言ってたような。。
高気密・高断熱でありながらも、その一方、惜しげもなく巨大な吹き抜けや窓をいっぱい作っているので、
そりゃ熱も逃げるよね〜。って自己責任を感じています。ただ、黒柳さん公認設計なんですけどね。:wink:
とはいえ、冷え込みが激しくなければ、冬でも室内20度前後です。
冷え込み激しい日で、肌寒いなーと思う真冬の夜で室内15-17度ぐらいです。真冬でも着込めば、ほぼクレダだけで快適に過ごせます。
・湿度は「うるおい換気」でも加湿器なしでは下がってしまいますね。これは住む前から教えてもらっていた通りです。
700ml/Hの加湿器を今年1月に購入して、それから家全体で50%をキープできるようになりました。

以上、温度・湿度観点からの住んでみた実感とデータでした。
次回はぐっと時を戻して黒柳さんとの出会いなんかをつづりたいと考えています。


«Prev || 1 · 2 · 3 · | Next»
» ArchiveList

Home > ゆよゆよ一家の家づくり日記 > Page.3


黒柳建設の家づくり日記
家づくり日記